機能

長時間労働対策を成功させるための企業の仕組みづくりを
システム化により支えます。

残業超過者の確認を自動化

36協定の超過状況チェックや部門別の平均残業時間、長時間労働が連続している対象者の確認など、企業により異なるさまざまな視点から労働状況を瞬時に確認できます。

勤務間インターバルの自動チェック

勤務間インターバル制度に沿った時間管理を実現できます。インターバル時間の基準となる時間数や回数を設定し、その条件を超過した対象者リストを自動作成し、情報共有できます。

※ 機能および画面は開発中のもので予告なく変更されることがあります。
あらかじめご了承ください。

長時間労働を未然に防止

従業員の残業時間をシステムが監視し、自社で設定した基準を超えた時点で本人・上司・総務に自動通知できます。過重労働になる前に状況を把握し、早期に対策することが可能です。

休暇消化状況の早期把握

部門や従業員ごとに有休をはじめとした休日・休暇の取得状況を定期的に自動作成できます。消化状況を早期に把握し、余裕を持った休暇の取得促進をサポートします。

メンタルヘルス不全や休職リスクの防止

欠勤・遅刻・早退などが連続している従業員のリストを自動作成できます。勤務実績に表れるメンタルヘルス不調の兆候を見逃さず、早期対応を可能にします。

  • 代休管理・消滅予定管理

    休日出勤に対する代休の消滅予定を確認できます。消化期限が経過する前に、社員に代休取得を促すことができます。

  • ストレスチェック

    ストレスチェックを適切に実施できます。専門医による判定とITによる受検、組織分析等により労務リスクを抑制します。

    ストレスチェックサービス
  • 人事情報を組み合わせた就業分析

    部門・職種・役職ごとの負荷状況や異動直後の従業員の残業状況など、社員情報と就業情報を組み合わせた状況把握や分析が可能です。

    人事奉行10

従来シリーズとの比較

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

9:30〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)