機能

クラウド型の勤怠管理ソフト・勤怠管理システム 就業奉行11(勤怠管理クラウド)のリスクマネジメント機能について

長時間労働対策を成功させるための企業の仕組みづくりを
システム化により支えます。

残業超過者の確認を自動化

36協定の超過状況チェックや部門別の平均残業時間、長時間労働が連続している対象者の確認など、企業により異なるさまざまな視点から労働状況を瞬時に確認できます。

勤務間インターバルの自動チェック

勤務間インターバル制度に沿った時間管理を実現できます。インターバル時間の基準となる時間数や回数を設定し、その条件を超過した対象者リストを自動作成し、情報共有できます。

※ 機能および画面は開発中のもので予告なく変更されることがあります。
あらかじめご了承ください。

長時間労働を未然に防止

従業員の残業時間をシステムが監視し、自社で設定した基準を超えた時点で本人・上司・総務に自動通知できます。過重労働になる前に状況を把握し、早期に対策することが可能です。

休暇消化状況の早期把握

部門や従業員ごとに有休をはじめとした休日・休暇の取得状況を定期的に自動作成できます。消化状況を早期に把握し、余裕を持った休暇の取得促進をサポートします。

メンタルヘルス不全や休職リスクの防止

欠勤・遅刻・早退などが連続している従業員のリストを自動作成できます。勤務実績に表れるメンタルヘルス不調の兆候を見逃さず、早期対応を可能にします。

  • 代休管理・消滅予定管理

    休日出勤に対する代休の消滅予定を確認できます。消化期限が経過する前に、社員に代休取得を促すことができます。

  • メンタルヘルスケア

    瞬時にストレス状況を把握し、会社としても個人としても適切なケアができる体制を構築でき、休職リスクに備えることができます。

    メンタルヘルスケアクラウドを見る
  • 人事情報を組み合わせた就業分析

    部門・職種・役職ごとの負荷状況や異動直後の従業員の残業状況など、社員情報と就業情報を組み合わせた状況把握や分析が可能です。

    人事奉行11を見る

他の奉行製品と一緒に利用することで、
さらに業務を効率化できます。

OBC人事労務システムラインナップ

奉行クラウド

企業活動におけるすべての業務をつなぐ企業における心臓の役割を担います。
集約した業務データを企業の誰もが安全かつ自由に活用できビジネスを加速できる環境を提供します。

  • /bugyo-cloud/kyuyo

奉行V ERP

奉行V ERPは、中堅・上場企業特有の経営課題の即戦力となり、迅速な課題解決に貢献します。 また、制度改正や、AI・RPAなどのテクノロジーの進化など、めまぐるしい環境変化に即対応し進化し続けることで、さらなる企業成長を支える即戦力であり続けます。

人事労務
グループ人事労務

奉行11シリーズ

めまぐるしい環境変化にもいち早く・確実に対応し、これからも将来にわたって確実に対応。
変化に強く、安心して長く使い続けられます。

追加オプション&ソリューション

奉行J11シリーズ

操作のしやすさ、わかりやすさ、見やすさなど、誰でも使いこなせるための機能、工夫を凝らしたソフトです。

無料お試し

就業奉行i11を無料でお試し利用いただけます。

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)