IPOを基礎から学ぼう!自社に適した市場はどこか?マザーズとJASDAQの特徴と東証市場再編の影響

POINT
・上場市場には、東京・名古屋・福岡・札幌の証券取引所があり、それぞれの取引所が証券市場を開設している。証券市場には「本則市場」と「新興市場」がある。
・IPOによって企業成長を加速させたい、と考える場合には、代表的な新興市場である「マザーズ市場」、安定成長型の場合は「JASDAQ市場」が適切。
・マザーズ市場が飽和状態、かつ東京証券取引所市場再編の影響に注意。
あなたの会社は安定成長型?それとも高成長企業型?自社に適した市場を見つけ、スムーズなIPOを果たすためのポイントを解説します。
2019年5月28日
はじめに
 上場市場には、東京・名古屋・福岡・札幌の証券取引所があり、それぞれの取引所には「本則市場」と称される市場と、「新興市場」と称される市場があります。 どの市場にIPOするかを考える際には、それぞれの市場の特性に加え、各市場の形式要件について予備知識を持つことが重要です。
 昨今、IPO企業の多くはマザーズを選択しています。2018年もIPOを果たした90社のうちの2/3がマザーズでIPOを実現しました。多くの企業が選択するマザーズとはどのような市場なのでしょうか。
1.マザーズ市場はどのような市場か?
 マザーズは、近い将来の東京証券取引所市場第1部(以降、東証1部)へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場です。 そのため、申請会社には「高い成長可能性」を求めています。申請会社が高い成長可能性を有しているか否かについては、主幹事証券会社がビジネスモデルや事業環境などを基に評価・判断します。 多くの成長企業に資金調達の場を提供するという観点から、その上場対象とする企業について、規模や業種などによる制限を設けていません。マザーズ上場後、多くの企業が東証1部にステップアップしています。(日本取引所グループHPより)

 高い成長可能性があれば、規模や利益水準が大きくなくともIPOができる可能性のある市場で、極端な場合、赤字であってもIPOを実現することができます。 そのため、IPOによって企業成長を加速させたい、と考える経営者や会社には、まさに目指すべき市場といわれる所以です。
 なお、マザーズIPO後、多くの企業が東証1部にステップアップしていますが、これは、マザーズ市場から東証1部に上場する際の時価総額基準(形式要件)が40億円である、という優位性があるからです。 ちなみに、JASDAQ市場から東証1部に上場する場合には時価総額が250億円以上必要です。
2.「高い成長可能性」はどのように判断されるのか?
 高い成長可能性を有しているか否かについては主幹事証券会社が判断することになり、その旨を記載した「推薦書」を、東証に提出することになります。 その際、信ぴょう性・客観性の高いデータにて市場の状況を説明し、客観的事実に基づいて差別化要因を説明し、これらを実現するうえで重要となる経営資源の状況について説明することがポイントとなります。

 なお、1.直近で利益が前期比3割増かつ売上増の場合と、2.最近2年間において最初の1年間は赤字だが、最近1年間の利益が1億円以上かつ売上増の場合、この「推薦書」は不要となります。
3.マザーズ市場と比べられるJASDAQ市場とはどんな市場か?
 JASDAQは、1.信頼性、2.革新性、3.地域・国際性という3つのコンセプトを掲げる市場です。 また、一定の事業規模と実績を有する成長企業を対象とした「スタンダード」、特色ある技術やビジネスモデルを有し、より将来の成長可能性に富んだ企業群を対象とした「グロース」という2つの異なる内訳区分を設けています。(日本取引所グループHPより)

 JASDAQは、その多くの企業が上場している「スタンダード」を念頭に、一定の事業規模と実績を求めるため、安定成長型企業にあった市場と言われています。そのため、高い成長可能性があるならマザーズで、安定成長型の企業であればJASDAQで、といった形で多くの経営者や会社にIPO市場として検討されています。
 なおマザーズやJASDAQ以外の新興市場としては、セントレックス市場(名古屋証券取引所)、Q-Board市場(福岡証券取引所)、アンビシャス市場(札幌証券取引所)があります。
4.東証の市場構造再編がIPO準備企業に与える影響とは
 2018年IPO社数は前年と同じく90社となりました。しかしその内訳は90社中63社がマザーズ市場であり、昨年のマザーズ市場IPO社数より14社も増え、マザーズ人気の過熱感がうかがえます。 さらに、上場企業の全体で見ると、東証1部上場企業が2,100社超を占め、すべての市場の中で一番上場社数が多くなっています。 マザーズから東証1部への昇格は「近道上場」と揶揄されるように、時価総額基準の優位性の影響もあり、東証1部上場企業として、実態が伴わない企業が存在していると言われています。

 そのような状況を鑑みて、2018年12月に東証は市場構造の再編を公表し、2019年3月27日には「市場構造の在り方等に関する市場関係者からのご意見概要」と方針決定としての「現在の市場構造を巡る課題(論点整理)」を公表しました。
 3月27日の「現在の市場構造を巡る課題(論点整理)」では、これまでの4市場(東証1部、東証2部、マザーズ、JASDAQ)から3市場に減らすこと、“「市場区分」の明確なコンセプト”を公表するにとどまりました。 2018年12月の再編公表以後、マスコミ等で論じられていた時価総額500億基準等の具体案は発表されませんでした。

 このような流動的な環境の中で、IPO準備企業はどの市場を目指すべきなのでしょうか? 現時点であれば、東証1部への時価総額基準の優位性があるマザーズを選ぶことが賢明かもしれません。 しかし、市場構造が定まらない不確定な状況の中で、今すべきことは、目指す市場を決める以上に、上場企業にふさわしい実態のともなった企業になることではないでしょうか。
 市場再編の結論が出る時期は、そう遠くはないでしょう。 IPOのトレンドを随時チェックし、着実に準備を進め、そしてその中で自社に合う市場がどこなのかを見極めることが肝要です。

関連リンク
関連コラム
飽和状態のマザーズ市場。IPO実現の確度を高める鍵は地方証券取引所に有り。注目されるステップアップ市場としての名証の魅力に迫ります。
飽和するマザーズ市場。 IPOの確度を高める、地方証取の活用
~ステップアップ市場としての名証の魅力とは~
2018年10月30日
執筆
IPO Compass編集部
IPO Compass編集部
スムーズなIPOに近づくためのコラム・セミナーを企画しています。
コラム一覧に戻る
開催中の無料セミナー
海外子会社リスクマネジメントセミナー~ベトナム・中国事例と世界共通のリスクマネジメントモデルの導入~
東京
東京
海外子会社リスクマネジメントセミナー~ベトナム・中国事例と世界共通のリスクマネジメントモデルの導入~
2019年11月14日 14:30~16:30
株式上場研究会(特別版)株式上場セミナー
名古屋
名古屋
株式上場研究会(特別版)株式上場セミナー
2019年11月20日 14:00~17:00
現代型労務問題解決セミナー
東京
東京
現代型労務問題解決セミナー
2019年12月19日 13:30~16:00
人気のコラム
IPOをする市場によって審査基準は異なります。IPO準備段階で自社がどの市場に向いているのか、その市場で自社が成長できるのかという視点で検討してみましょう。
IPOを基礎から学ぼう! 上場審査基準とはどのようなものか?
よくIPO準備に関する本には、IPO準備をスタートしてから少なくとも2年半から3年の期間がかかる、と記載されていますが、なぜIPOを実現するためには、少なくとも2年半から3年の期間を必要とするのでしょうか?経営者がIPO実現までのスケジュールを考えるにあたって、最低限必要な期間や押さえるべきポイントなどについてお話しします。
IPO実現までのスケジュール
近年非常に増えている資産管理会社について、「資産管理会社の真の目的とは?」「メリットとスキーム」を中心に解説します。
資本政策③「管理会社編」
PO実現後3年間は、内部統制報告書における公認会計士監査が免除されますが、準備段階で対応する必要はないのでしょうか?早期に対応することのメリット、対応しなかった場合のデメリットとは?
内部統制報告書の「監査」はIPO後3年免除。しかし「提出」は必要! IPO準備段階のJ-SOXへの対応は?
IPOとは「Initial Public Offering」の頭文字をとった新規株式公開という意味ですが、そもそも何故経営者はIPOに熱くなり決して楽ではない道を選ぶのでしょうか?  本コラムにてその魅力やIPOを目指す経営者に必要な条件、IPO成功へのプロセスについて検証していきます。
IPOとは何か

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)