IPOを基礎から学ぼう! 上場審査基準とはどのようなものか?

POINT
・各取引所による上場審査基準には「形式要件」「実質審査基準」がある。
形式要件は、株主数や時価総額、利益の額など、上場申請をする場合に求められる要件である。 実質審査基準は、上場会社になるための適格性を審査するための実質的な基準。形式要件を満たしたうえで、この実質審査基準にパスしなければならない。
IPOをする市場によって審査基準は異なります。IPO準備段階で自社がどの市場に向いているのか、その市場で自社が成長できるのかという視点で検討してみましょう。
2018年11月13日
1.上場審査とは
 上場審査とは、企業が自社の株式の上場を申請するにあたり通過しなければならない審査をいいますが、これには2つの審査があります。 1つは主幹事証券会社の引受審査部門による「引受審査」であり、もう1つは各取引所による「公開審査」です。 IPO直後の会社による不祥事や下方修正を受け、昨今の審査は証券取引所も証券会社の引受審査部門も厳格化が進んでいます。  
 取引所に上場申請をする前に、主幹事証券会社が、あらかじめ取引所の上場審査基準に適合しているかどうかについてあらゆる角度から厳格な審査を行い、 この引受審査を通過した企業が晴れて上場申請をすることができます。 IPO直後に不祥事が発生した場合には、証券会社の引き受け審査部門の責任問題にもなりかねないため、とにかく不祥事が起きないように厳格に審査したいというマインドです。そのため最近では特に審査厳格化が進んでいます。
 主幹事証券による引受審査を通過して、取引所による公開審査が承認されないケースは多くないため、引受審査をいかに対応していくかが重要なポイントになります。
では、証券取引所による審査項目を具体的に見ていきましょう。
2.上場審査の基準である「形式要件」と「実質審査基準」
 上場審査の基準には「形式要件」と「実質審査基準」があります。形式要件は、株主数や時価総額、利益の額など、上場申請をする場合に求められる要件であり、 申請会社(IPOする会社。以下同様)が上場申請時などに提出する資料により確認されます。 また、実質審査基準は、上場会社になるための適格性を審査するための実質的な基準であり、形式要件を満たしたうえで、この実質審査基準にパスしなければなりません。 実質審査基準は形式要件に比べ、金額や数値などの明確な尺度があるわけではなく、申請会社が安定的・継続的に収益性を維持し、適切な管理体制を構築し、 将来を見通した経営が適切に行われているかなどを、質的な側面から審査する基準であり、書類審査だけではなくヒアリングや実地調査などで確認がされます。
3.マザーズ、JASDAQ、東京証券取引所本則市場の「形式要件」と「実質要件」
 東京証券取引所のマザーズ市場とJASDAQ(スタンダード)市場、本則市場の「形式要件」と「実質審査基準」は以下です。(2018年11月7日現在、東京証券取引所HPより抜粋)詳しくは、東京証券取引所ホームページをご覧ください。
東京証券取引所 マザーズ市場「形式要件」(一部抜粋) 東京証券取引所 マザーズ市場「実質審査基準」 東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード)市場「形式要件」(一部抜粋) 東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード)市場「実質審査基準」 東京証券取引所本則市場1部、2部の「形式要件」(一部抜粋) 東京証券取引所本則市場1部、2部の「実質審査基準」
関連コラム
飽和状態のマザーズ市場。IPO実現の確度を高める鍵は地方証券取引所に有り。注目されるステップアップ市場としての名証の魅力に迫ります。
飽和するマザーズ市場。 IPOの確度を高める、地方証取の活用
~ステップアップ市場としての名証の魅力とは~
2018年10月30日
執筆
IPO Compass編集部
IPO Compass編集部
スムーズなIPOに近づくためのコラム・セミナーを企画しています。
コラム一覧に戻る
開催中の無料セミナー
【飲食・飲食製造業向け】どうする外国人採用。特定技能制度を一から解説。
東京
東京
【飲食・飲食製造業向け】どうする外国人採用。特定技能制度を一から解説。
2019年12月4日 14:00~16:00
成長スピードを落とさない、M&A後の人事戦略-企業を動かすのは“ヒト”、失敗事例から学ぶ現実解-
東京
東京
成長スピードを落とさない、M&A後の人事戦略-企業を動かすのは“ヒト”、失敗事例から学ぶ現実解-
2019年12月9日 14:00~16:00
第2回「資本政策」必見!! IPO Forum フォローセミナー(全8回)
東京
東京
第2回「資本政策」必見!! IPO Forum フォローセミナー(全8回)
2019年12月11日~2020年3月18日 14:00~16:00 または 13:30~16:30
【企業成長のためのプラスワンスモールセミナー】イマドキの採用手法
東京
東京
【企業成長のためのプラスワンスモールセミナー】イマドキの採用手法
2019年12月17日 13:30~15:30
現代型労務問題解決セミナー
東京
東京
現代型労務問題解決セミナー
2019年12月19日 13:30~16:00
★ご来場特典有★メキシコ進出と攻めのリスクマネジメント-成功の鍵は、進出ノウハウと内部・外部リスクへの対応
名古屋
名古屋
★ご来場特典有★メキシコ進出と攻めのリスクマネジメント-成功の鍵は、進出ノウハウと内部・外部リスクへの対応
2019年12月20日 13:15~16:30
人気のコラム
IPOをする市場によって審査基準は異なります。IPO準備段階で自社がどの市場に向いているのか、その市場で自社が成長できるのかという視点で検討してみましょう。
IPOを基礎から学ぼう! 上場審査基準とはどのようなものか?
よくIPO準備に関する本には、IPO準備をスタートしてから少なくとも2年半から3年の期間がかかる、と記載されていますが、なぜIPOを実現するためには、少なくとも2年半から3年の期間を必要とするのでしょうか?経営者がIPO実現までのスケジュールを考えるにあたって、最低限必要な期間や押さえるべきポイントなどについてお話しします。
IPO実現までのスケジュール
近年非常に増えている資産管理会社について、「資産管理会社の真の目的とは?」「メリットとスキーム」を中心に解説します。
資本政策③「管理会社編」
PO実現後3年間は、内部統制報告書における公認会計士監査が免除されますが、準備段階で対応する必要はないのでしょうか?早期に対応することのメリット、対応しなかった場合のデメリットとは?
内部統制報告書の「監査」はIPO後3年免除。しかし「提出」は必要! IPO準備段階のJ-SOXへの対応は?
IPOとは「Initial Public Offering」の頭文字をとった新規株式公開という意味ですが、そもそも何故経営者はIPOに熱くなり決して楽ではない道を選ぶのでしょうか?  本コラムにてその魅力やIPOを目指す経営者に必要な条件、IPO成功へのプロセスについて検証していきます。
IPOとは何か

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)