IPOに必要な業績とは!市場別にみる売上高・営業利益

POINT
・上場するためには、形式要件をクリアする必要があるが、上場可能な企業規模を知っておくことも重要
・市場によって、求められる企業規模は異なる
・マザーズであれば、売上高20億円未満、営業利益2億円未満でも上場可能
IPO準備の検討を始めたはいいものの、IPOできる企業の規模がわからないゆえにハードルの高さを感じてしまい、敬遠してしまう経営者は珍しくありません。実際にIPOを実現した企業のデータをもとに、「どの程度の規模ならどの市場に上場可能か?」を解説します。
2019年11月8日

1.IPO(新規上場)のハードルは高い?

IPO(新規上場)とはInitial Public Offeringの略で、未上場企業が証券取引所で株式を公開し、第三者がその株式を売買できるようにすることです。

一般的には、IPOをすることには以下のメリットがあります。
  • ・調達可能な資金の量と質の増大(銀行借入以外の選択肢が生まれる)
  • ・「上場企業」というステータスの獲得、知名度の向上により、取引先の拡大や、人材採用で有利になる
  • ・IPOの準備を通じて、会社の資本回りの整理や、経営管理体制の強化が進む
しかし、いざIPOを検討しようとしても、
  • ・IPOの挑戦のハードルは高そう
  • ・IPOできる企業規模が分からない
  • ・結局、自社にはIPOは関係ない
と、敬遠してしまう経営者が多いのが実情です。

そこで、本稿では実際にIPOを実現した企業のデータをもとに、「どの程度の規模ならどの市場に上場可能か?」を解説します。

2.2018年にIPOを実現した企業の業績水準は?

上場する市場によって、業績水準をはじめとする要件が異なります。
自社の成長性や、マーケットの動向、資金調達の必要性、上場後の知名度といった、自社の現状と上場目的によって市場を決定する必要があります。 また、IPOは最低3~5年間の準備期間を経て上場審査を受けることが望ましいため、3~5年後に自社がどの程度の規模まで成長するのかを見据えながら、目指す市場を決めることも市場選択のポイントです。

では、実際にどのくらいの業績があれば上場を実現することができるのでしょうか。 東京証券取引所における本則市場(東証一部・東証二部)ならびに新興市場(ジャスダック・マザーズ)へ、2018年に上場した企業の業績を見ていきます。

2-1.東証一部(7社が上場)

2018年に上場した企業の業績(東証一部)
※各社「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」を基に株式会社船井総合研究所にて集計、いずれも上場直前期(N-1期)の業績

東証一部に直接上場した企業は7社と、全上場企業90社のうち7.7%と割合としては多くありません。その理由は東証一部への上場は、他市場ですでに上場し、次のステップとして目指されることが多いからです。
現行の上場基準では、マザーズから東証一部へ上場する場合に求められる時価総額は40億円で、直接東証一部を目指すよりもハードルが低くなります。このため、マザーズへ新規上場し、次に東証一部を目指す企業が多くみられます。

2-2.東証二部(5社が上場)

2018年に上場した企業の業績(東証二部)
※各社「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」を基に株式会社船井総合研究所にて集計、いずれも上場直前期(N-1期)の業績

東証一部と比較して企業規模は小さいものの、マザーズやジャスダックといった新興市場よりは大きくなります。

2-3.ジャスダック(14社が上場)

2018年に上場した企業の業績(ジャスダック)売上高・売上高割合
2018年に上場した企業の業績(ジャスダック)営業利益・営業利益割合
※各社「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」を基に株式会社船井総合研究所にて集計、いずれも上場直前期(N-1期)の業績

売上高が40億円未満の企業が全体の半数近くを占めており、60億円未満の企業を加えた場合、全体の70%を超えます。
営業利益についても、過半数の企業が4億円未満で上場をしています。

2-4.マザーズ(63社が上場)

2018年に上場した企業の業績(マザーズ)売上高・売上高割合
2018年に上場した企業の業績(マザーズ)営業利益・営業利益割合
※各社「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」を基に株式会社船井総合研究所にて集計、いずれも上場直前期(N-1期)の業績

マザーズへの上場の場合、売上高20億円未満の上場が過半数を占めます。営業利益についても、2億円未満(赤字で上場含む)で上場した企業が全体の6割を占めます。
マザーズでは、上場時の企業価値より、その後の成長性が特に問われます。上場時には、投資拡大期にあり営業利益を計上していない状況でも上場することが多々あります。典型的な例としては、メルカリです(同社は赤字で上場)。

3.IPO実現に向けて

新規上場というと、ハードルが高いと感じることもあるかもしれませんが、市場によっては上場に必要な業績に到達することが可能です。会社の今後の成長性を踏まえ、適切な市場選択をすることが上場実現に近づく第一歩なのです。

以上



■ IPOを目指したい、検討したい方に耳より情報をお届け 「船井総研IPOコンサルティングコラム」
船井総研IPOコンサルティングコラム

■ 2018年のIPO概況についてレポートをお届け
新規上場した企業の売上・営業利益・業界・本社所在地・上場時の経営者の年齢が分かる!
ダウンロードはこちらから↓
2018年のIPO概況レポート

■ 極東産機様も登壇!IPOを目指す企業が参加する研究会(IPO分科会)
IPO分科会
関連コラム
IPOをする市場によって審査基準は異なります。IPO準備段階で自社がどの市場に向いているのか、その市場で自社が成長できるのかという視点で検討してみましょう。
IPOを基礎から学ぼう! 上場審査基準とはどのようなものか?
2018年11月13日
あなたの会社は安定成長型?それとも高成長企業型?自社に適した市場を見つけ、スムーズなIPOを果たすためのポイントを解説します。
IPOを基礎から学ぼう!自社に適した市場はどこか?マザーズとJASDAQの特徴と東証市場再編の影響
2019年5月28日
資料ダウンロード
執筆
株式会社船井総合研究所 金融・M&A支援部 平井 貴大氏
株式会社船井総合研究所 金融・M&A支援部 平井 貴大氏
当社は、国内の中小企業を中心に、業種・テーマごとに特化したコンサルティングを展開しています。クライアントの成長実行支援・人材開発支援・価値向上支援・デジタル化支援を現場に密着して行います。 ①コンサルタントが定期的にクライアントを訪問する顧問契約型の月次支援コンサルティング ②経営者様・経営幹部同士が集まり、業績アップの精度を高める経営研究会 ③一定の期間、各業界とテーマに精通するコンサルタントがチームとなり、調査分析から経営戦略の立案、実行可能な戦術まで一貫してソリューション提供するプロジェクト型コンサルティング これら3つの形態でクライアントの経営をバックアップいたします。
コラム一覧に戻る
IPOコラムランキング
IPO実現までのスケジュール
IPOとは何か
IPOに必要な業績とは!市場別にみる売上高・営業利益
TOKYO PRO Marketの活用 ~2019年過去最多の9社上場!柔軟な上場基準で上場メリットを享受~
資本政策①「基礎知識編」
開催中の無料セミナー
Web
Web
5年内にIPOを目指す企業が陥りがちな盲点、失敗談(奉行クラウドフォーラム2020)

2020年11月6日 10:30〜11:10
Web
Web
コロナ後の台湾、現状と今後 ~現法の企業体制維持 及び ガバナンス体制強化~

2020年11月11日 11:00~12:00
Web
Web
コロナ禍のIPO準備

2020年11月11日 13:30~14:30
Web
Web
上場準備企業のための、“収益認識基準”はじめの一歩

2020年11月13日 13:30~15:00
Web
Web
現代型労務問題Q&Aセミナー

2020年11月16日、11月27日、12月7日 14:00~16:00または14:00~15:00
Web
Web
IPOのための事業計画書作成

2020年11月25日 13:30~15:00
Web
Web
東証市場再編の影響と 投資家の評価が得られる適切な市場の選び方

2020年11月26日 13:30~15:00
Web
Web
コロナ禍の香港、現状と今後 -デモに国案法、そしてコロナ。在香港日系企業の存続と撤退-

2020年11月27日 11:00~12:00
Web
Web
有事の労務管理~自然災害に感染症。直後・復旧中・中長期の対応事項 ~

2020年12月3日 13:30~15:00
イベントレポートを見る
お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)