規模別に選べる「奉行シリーズ」IPO実現企業の約半数が導入
-日経MOOK IPOを目指す経営-

2020年4月10日
過去5年、IPOを実現した企業の半数以上に選ばれる奉行シリーズ。
上場企業からスタートアップ企業まで、規模別に選べる「奉行シリーズ」の特長とは?
弊社代表和田が日経MOOK「IPOを目指す経営」で回答しました。
回答者:
株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長 和田 成史

奉行シリーズ 3つの特長

1.垂直統合と水平展開が強み、永続的なサポートも提供
スタートアップ企業から大企業まで、それぞれの規模に適した充実のラインナップ。
事業が拡大してもシステムリプレイスの必要がない“垂直統合”を実現。
また会計・給与・販売管理・人事労務・固定資産と業務間のデータ連携が可能な“水平展開”も実現。

2.会計監査や内部統制に強い、第三者の認証も取得
“内部統制対応”を公的機関によって保証。情報セキュリティ評価基準「ISO15408」の認証取得(日本初)。
「奉行シリーズ」は監査法人監修で開発。会計監査の要件を満たす機能を備える。

奉行が選ばれる理由
奉行が選ばれる理由

3.全国3000社のパートナー企業・専門家がサポート
製品販売、システム連携、セミナー等を通じたお客様サポートを共に行うパートナー企業に加え、
会計士、税理士、社会保険労務士等の専門家パートナーとともにお客様をサポート。
専門家ライセンスによって、システムを通じてリアルタイムでアドバイスを受けることができる。
◆ IPOを実現するなら奉行シリーズ
奉行V ERPサイト


◆ 本記事は日経MOOK「IPOを目指す経営」(2017/11/12発売)に掲載されています。
日経MOOKバナー
詳細な内容にご興味がございましたら日経MOOK「IPOを目指す経営」の冊子を郵送いたします。
obc-as@obc.co.jpまでご連絡ください。
関連コラム
IPO準備段階でシステムを見直すことは多々あります。しかし本当にリプレイスは必要なのでしょうか?必要なのであれば、いつどのようなシステムにリプレイスすべきなのでしょうか。
IPOを基礎から学ぼう! IPO前に会計システムをはじめとした システム投資は必要か?
2019年2月19日
2019年3月に東証マザーズに上場したクラウド人材管理システム「カオナビ」を提供する株式会社カオナビ。同社の上場に貢献し、会計インフラを支えているのは勘定奉行V ERPだ。上場時に求められるIT統制、管理会計・原価管理を奉行で実現し、奉行がなければ上場は果たせなかったとまで語る理由は何か?
監査法人からのIT統制への指摘ゼロ、上場企業レベルの管理会計も同時実現。2019年3月上場、「カオナビ」が奉行を選択した理由
2020年3月9日
執筆者
IPO Compass編集部
IPO Compass編集部
スムーズなIPOに近づくためのコラム・セミナーを企画しています。
コラム一覧に戻る
公式Twitter
おすすめコラム・セミナー情報を通知します
IPOコラムランキング
IPOを基礎から学ぼう!上場のメリットとデメリット
ストックオプションとは?仕組みとメリット、活用時の注意点
上場準備のスケジュール~上場実現に向けて直前々期以前から申請期までの全体像と優先対応事項を把握~
IPOとは何か
資本政策とは?上場(IPO)における目的と立案の流れ
開催中の無料セミナー
Web
Web
ケーススタディで押さえる内部統制報告制度(全2回)

2021年12月9日・16日 各日13:30~15:30
Web
Web
コロナ後を見据えた連結決算業務標準化と市場に求められる開示の実現

2021年12月15日 13:30~14:30
Web
Web
解雇と退職勧奨の違い、理解していますか?

2021年12月21日 13:30~15:30
Web
Web
中国子会社のための内部監査

2021年12月22日 14:00~15:00
イベントレポートを見る
お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)