法制度・リスク対策

残業超過や休暇消化状況、勤務間インターバルなど、
法改正対応や労務リスク対策の機能を標準でご用意しています。

残業超過対策(アラート通知)

残業超過者の確認画面

残業超過者の確認を自動化

36協定の超過状況チェックや部門別の平均残業時間、長時間労働が連続している対象者の確認など、企業により異なるさまざまな視点から労働状況を瞬時に確認できます。

また、従業員の残業時間をシステムが監視し、自社で設定した基準を超えた時点で本人・上司・総務に自動通知できます。過重労働になる前に状況を把握し、早期に対策することが可能です。

休暇消化状況の把握

休暇消化状況確認画面

休暇消化状況の早期把握

部門や従業員ごとに有休をはじめとした休日・休暇の取得状況を定期的に自動作成できます。消化状況を早期に把握し、余裕を持った休暇の取得促進をサポートします。

メンタル不調兆候の検出

遅刻・早退・欠勤者リスト連携画面

勤怠情報からメンタル不調兆候を自動検出

欠勤や遅刻・早退の傾向から休みがちな従業員を自動的にリストアップし、メールや画面上で通知できるため、作表や報告に時間をかけずに、メンタル不調の兆候に素早く気づくことができます。

勤務間インターバルチェック

勤務間インターバル一覧管理画面

勤務間インターバルのチェックと報告が瞬時に

勤務間インターバルの基準に満たない者を自動的にピックアップし、残業状況と合わせたレポートが提供されるため、集計や作表の手間なく、従業員の勤務状況に応じた対処を実現できます。

自動化と抜群の操作性を動画で体感

長時間労働対策

長時間労働対策

無料お試し

勤怠管理クラウドを10日間無料でお試し利用いただけます。

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は、下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。


〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00
(⼟・⽇・祝⽇を除く)