IPO前に会計システムを変更する必要はある?

POINT
・システム投資は必須ではないが、ほとんどの企業でリプレイスされる。
・内部管理体制の構築に際して、各種システム導入が検討される。
・内部統制の目的で、財務諸表に関わる会計システムから準備する企業が多い。
IPO準備段階でシステムを見直すことは多々あります。しかし本当にリプレイスは必要なのでしょうか?必要なのであれば、いつどのようなシステムにリプレイスすべきなのでしょうか。
2019年2月19日
更新:2022年2月16日

1.システム投資は必須ではないが、ほとんどの企業でリプレイスされる。

 IPOにおいて、会計システムをはじめ、必須なシステムはありません。 しかし、今日では企業のほとんどの業務のIT化が進み、業務とシステムは切り離せなくなってきたのも事実です。 その意味では、継続的に業務を遂行するために、属人化にならず不正や誤謬が発生しない体制を構築するために、利用するシステムにおいて検討が入ることは必然とも言えます。  
 また、業務システムは直接的に売上に貢献しないものが多いため、どうしても投資が遅れがちな領域です。 そのため、保守・メンテナンスが切れたシステムを利用し続けていたり、内部統制・内部管理体制構築を想定しないような簡易のパッケージシステムを利用していたりする企業が少なくありません。 その結果、多くの会社では、IPO準備を契機にシステム投資を検討し、リプレイスをしています。

2.システム更新のタイミング

 システムを検討するタイミング、実際に導入・更新するタイミングはいつが望ましいでしょうか?
  多くの企業は、IPOを見据えて内部管理体制を構築する中で、内部管理体制に貢献するようなシステムを検討しますが、その直接的なきっかけとしては、監査法人からのショート・レビューが少なくありません。
しかしながら、実際に新しいシステムを導入するには時間がかかります。 自社に必要なシステムは何なのか?そのシステムはどの部署の誰が利用するのか? どこまでの権限を与えるのか?新しいシステムへの操作教育はどのように実現させるのか? 検討しなければならない項目は多岐にわたり、業務担当者の経験やスキルにも依存しますが、数か月以上かかることも少なくありません。 安全な業務遂行を確認するためにも、直前々期から新しいシステムで業務を進めるためにも、少しでも早く検討を開始することが必要です。  
 また、新しいシステムの導入は、それまでの業務フローや内部統制の変更なども生じさせ、IPO準備作業への影響も非常に大きいため、IPO直前での導入はできるだけ避け、早期に検討を行うことをお勧めします。

3.内部管理体制構築に貢献する会計システムとはどのようなものか?

 IPO準備を契機に、会計システムはほとんどの会社でリプレイスが検討されます。 事業活動の最終的な結果として不正のない開示が求められますが、内部統制・内部管理体制の構築に貢献する会計システムとはどのようなものでしょうか。
 検討の際に参考としてあげられるのが「システム管理基準 追補版(財務報告にかかるIT統制ガイダンス)追加付録.7」(経済産業省 平成19年12月26日(水)公表)や、ISO15408です。

財務会計パッケージソフトウェアの機能等一覧表・奉行V ERP11版バナー

 具体的には、機能等一覧表などを利用して会計システムのパッケージ機能の内容を把握し、内部統制の観点からその適用状況を評価することでその検討の一助となります。
 また、会計システムはその前工程にあたる購買システムや販売管理システムとの連携や、社内の各部署から発生する経費を精算する社内ワークフローや、 管理業務となる給与計算システムや減価償却システムとの連携など、部門を超えて多くのシステムとの連携が求められます。 システムとシステムをつなぐ際には、出来るだけ人の手を介さずに実現させることで、余計な手間や、不正・誤謬を発生させる可能性を低減させることも大切です。
 さらに最近ではシステムの多くがクラウドで提供されるようになりました。 クラウドサービスは、基本的に自社にシステムがありませんので、その提供会社自体の信頼性や、内部統制の評価が求められます。外部委託先の内部統制の状況を確認するための「SOCレポート」を監査法人から求められることが多いので、クラウドサービス提供会社が、こうした対応が可能かどうかも留意しておくと望ましいでしょう。


■ 奉行シリーズのSOC報告書に関する情報はこちら
奉行シリーズSOC2報告書

「監査法人の働き方改革がIPO最大のネックに?!IPO難民(監査難民)にならないためには何が必要か?」のコラムにもありましたが、 監査法人の人手不足から手間のかからない企業が選ばれる時代です。 システムをうまく活用して、早期に内部管理体制を整えることでIPOの実現に一歩近づくかもしれません。


関連リンク
関連コラム
活況のIPO。IPOを希望する企業は多いものの、思うように準備が進まないことも・・・その原因は監査法人の働き方改革にあった?監査法人に選ばれる3つのポイントを解説します。
監査法人の働き方改革がIPO最大のネックに?! IPO難民(監査難民)にならないためには何が必要か?
2018年11月6日
会計等の業務システムをクラウドで利用するIPO準備企業が増えている。データの管理運用を委託している場合、クラウドサービスが内部統制の評価対象として含まれる可能性があり、その際に有効なのがSOC報告書だ。SOC報告書とは何か?種類と目的は?監査時の有効性は?独立受託会社監査人・トーマツに聞いた。
IPO準備企業におけるSOC報告書の意義と活用~監査上、クラウドサービスにSOC報告書が求められる理由~
2021年6月18日
上場を目指すに当たり、財務報告とガバナンスを実現する経営管理体制の構築が求められますが、リソースが限られる管理部門では、SaaSをはじめとしたシステムを活用し、管理部門のDX化を実現することが経営管理体制構築への近道です。本コラムでは、管理業務を効率化するポイントについて解説します。
IPO準備段階で管理部門の効率化を実現するDXのポイント
2022年2月1日
執筆
IPO Compass編集部
IPO Compass編集部
スムーズなIPOに近づくためのコラム・セミナーを企画しています。
コラム一覧に戻る
公式Twitter
おすすめコラム・セミナー情報を通知します
《無料》IPOお役立ち資料
IPOコラムランキング
内部統制とは?4つの目的・6つの基本的要素から上場準備との関係を解説
株式上場のメリットとデメリット
ストックオプションとは?仕組みとメリット、活用時の注意点
上場準備のスケジュール~上場実現に向けて直前々期以前から申請期までの全体像と優先対応事項を把握~
資本政策とは?上場(IPO)における目的と立案の流れ
開催中の無料セミナー
Web
Web
事業計画・資本政策・内部統制・法務労務など、IPO実現に必須なテーマを体系的に学べる【無料セミナー】を開催中!

 
Web
Web
IPOのための事業計画書作成

2022年7月6日 13:30~15:00
Web
Web
上場できる会社のCFO&管理部門

2022年7月7日 【大阪梅田会場】15:00~17:00/【オンライン】15:00~16:00
Web
Web
TOKYO PRO Market、上場の“本当のところ”

2022年7月12日 13:30~14:30
Web
Web
連結決算&開示業務、"脱"属人化計画

2022年7月20日 13:30~14:30
Web
Web
IPO前後のIR実務

2022年7月21日 13:30~15:00
Web
Web
失敗しない資本政策の留意点

2022年7月26日 13:30~15:00
Web
Web
2021年6月上場、アイドマ・ホールディングス 急成長の舞台裏

2022年8月3日 13:30~14:30
Web
Web
IPOでこう変わる。 税務会計から財務会計へ -入門編-

2022年8月4日 13:30~15:00
イベントレポートを見る
お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)