仕様・動作環境

税務申告ソフト 申告奉行10[法人税・地方税編]の仕様・動作環境について

主な仕様

会社情報登録
管理可能領域数 最大9,999
データ複数年保持 無制限
申告情報登録
適応法人 普通法人(一般の医療法人を含む)、人格のない社団等、公益法人等、協同組合等(特定の協同組合等を含む)*特定の医療法人を除きます。
事業区分 製造業、非製造業
資本金等の額 12桁
完全支配関係(グループ)子会社 対応
外形標準課税 対応
申告計算期間(事業年度) 和暦
申告区分 青色、白色/確定申告、中間申告、修正確定申告
*中間申告については、仮決算による中間申告と前年度実績による予定申告に対応しています。
事業所登録
分割法人数 999件
分割基準 従業者数/従業者数と事業所数または事業所数
事業所コード 英数カナ半角10桁
事業所名 40文字
1事業所あたりの事業者数 999,999人
金額
金額桁数 12桁 別表八(一)は13桁
申告書設定
法人税別表 64別表
地方税別表 30様式(東京都、大阪府、千葉県 OCR用紙印刷対応)
地方税納付書 2表 道府県民税・事業税納付書・市町村民税納付書
管理帳表 4表
税理士添付書面 税理士代理権限証書、税理士法第33条の2 第1項 添付書面
税理士法第33条の2 第2項 添付書面
地方税宛名ラベル印刷 対応
電子申告
e-Tax(国税電子申告) API方式(電子納税対応)、ファイルインターフェイス方式
eLTAX(地方税電子申告) API方式、ファイルインターフェイス方式

動作環境

OS
・Windows 10
・Windows 8.1
・Windows 7(Service Pack 1 以降)
※各日本語OSの64ビット版(x64)、32ビット版(x86)に対応しています。
※Windows RTには対応していません。
対応機種
プロセッサ:
インテル Pentium 4 3GHz以上(推奨:インテル Core 2 Duo 2GHz以上)
または同等の互換プロセッサ
メモリ:
1GB以上(推奨:2GB以上)
データベース
SQL Server 2014(Service Pack 1 以降)
※SQL Server 2014の32ビット版(x86)に対応しています。
※対応エディションは、Express Editionです。
※本製品では、SQL Server 2014 Express Editionをセットアップすることができます。
※1データベース領域として、SQL Server 2014の上位エディションを仕様される場合は、SQLの1クライアントライセンスが消費されますのでご注意ください。
※SQL Server 2014(Service Pack 1)を使用される場合は、SQL Server 2014(Service Pack 1)用の「累積的な更新プログラムパッケージ2(CU2)」を適用する必要があります。
必要なソフトウェア
.NET Framework 4.5.2以降
※上記のソフトウェアがセットアップされていない場合は、本製品を正常にセットアップできません。
※本製品のプログラムDVD内に、.NET Framework 4.5.2が収録されています。セットアップされていない場合は、本製品のセットアップ時に自動的にセットアップが開始されます。
ハードディスク
1.4GB以上必要(データは除く)
ディスクドライブ
DVD-ROMドライブが必要
解像度
横 1024 × 縦 768 以上を推奨

上記は、自社環境(オンプレミス)で、かつスタンドアロン版をご利用の場合の動作環境です。
ネットワーク対応版やクラウド環境でご利用の場合の動作環境は、
下記のボタンより詳細な資料をご確認ください。

仕様・動作環境の詳細ダウンロードはこちら

会計システムラインナップ

従来シリーズとの比較

お気軽にご相談ください

自社に合う製品が分からない、導入についての詳細が知りたい… OBCでは専任のスタッフがあなたの疑問にお応えいたします。

ご検討のお客様専用ダイヤル

0120-121-250

10:00〜12:00/13:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)