面倒な小口現金・立替精算をなくせる!

勘定奉行で
キャッシュレス!

奉行シリーズ累計導入実績65万社
奉行シリーズ累計導入実績65万社

実は小口現金・立替精算に関わる業務は
大きな手間と時間がかかっているんです!

従業員50名企業の小口現金を使った立替精算業務の場合
月20時間もの時間がかかっている!

精算書作成,仕訳の手入力,金庫から現金の取り出し,領収書作成,現金残高と帳薄残高チェック

だから経理担当者の84.4%が
小口現金・立替精算をなくしたいと思っています。

※TOMOWEL Payment Service調査 「経理担当者1,000名に聞いた会社のキャッシュレス化に関しての実態調査」

 

その小口現金・立替精算、、無くしませんか?

「勘定奉行クラウドのキャッシュレス機能」を使えば
小口現金・立替精算を簡単に無くせます!

支払い方法を
現金から、キャッシュレスに変えるだけ!

現金→キャッシュレス→自動仕分

小口現金・立替精算業務にかかる時間をこんなにも短縮!

一般的な経理業務 → 勘定奉行クラウド

※従業員50名の立替精算を小口現金からキャッシュレスに変えた場合の削減効果(OBC調べ)

勘定奉行クラウドが可能にした

“すぐに・かんたん・手軽に”できる勘定奉行でキャッシュレス

企業のキャッシュレスを実現する
勘定奉行クラウドのキャッシュレス機能6つの特長

  1. 1

    法人カードを使ったキャッシュレス決済で
    従業員の立替が不要に!

    プリペイドカードに事前にチャージして、精算できるため
    従業員の負担となる立替が不要になります。

  2. 2

    国内・海外問わず様々なシーンで活用でき
    法人経費をキャッシュレス化!

    Mastercard®ブランドのため、急な出張や会食など
    国内・海外問わず様々なシーンで利用することができます。

  3. 3

    プリペイド式だから全従業員が使える!

    事前にチャージするプリペイド式のため、与信審査が必要なく、
    すべての企業ですぐに利用を開始できます。

  4. 4

    領収書はペーパーレスに!

    精算時の領収書提出は、専用アプリからかんたんに行えます。
    提出した画像データにタイムスタンプが自動付与され、
    電子帳保存法スキャナ保存制度に対応しています。

    ※別途「証憑保管アセンブリ」が必要です。

  5. 5

    利用明細もデジタルで見える化できて
    不正防止にも!

    プリペイド方式のカードのため、チャージ金額内に利用を制限でき、
    経費の抑制につなげられます。

  6. 6

    利用明細も領収書もデジタルで集まるから
    紙を待たずに仕訳化が完了!

    カードの利用明細から仕訳伝票が自動起票されるため、
    手入力が一切不要になります。また領収書は画像データで提出できるため
    糊付けや拠点からの郵送を待つ必要がなくなります。

勘定奉行クラウドで一元管理して
経費の利用から仕訳まで、一連のプロセスを自動化

勘定奉行クラウドが可能にした

“すぐに・かんたん・手軽に”できる勘定奉行でキャッシュレス

導入した経理担当者からも
たくさんの喜びの声が寄せられています!!

導入事例

「勘定奉行キャッシュレスクラウド」を選ばれたお客様の声をご紹介します。

  • 事例1

    事例1

    「営業の立替金振込のための手数料削減にもつながりました」

    当社では営業が多くの金額を立替なければならない場合、給与とは別で「立替経費分」を振り込む場合があります。その際、振込手数料が2重に発生してしまっていました。
    奉行Edge キャッシュレスクラウドを導入することで、営業が自腹で立て替えること自体がなくなったため、2重でかかっていた余分な振込手数料も削減できるようになりました。

  • 事例2

    事例2

    「全国の拠点で管理していた小口現金をすべてなくすことに成功しました」

    全国に複数の拠点を構えている弊社では、拠点ごとに法人口座を開設していましたが、拠点ごとに現金を持たせるリスクはもちろん、送金手数料や残高証明書の発行など、口座の維持コストもかかっていました。
    各拠点の責任者に1枚ずつプリペイドカードを配布することで、拠点で管理する小口現金をなくすことができました。また、必要な金額だけ本社からチャージするため経費の抑制にもつながっています。

  • 事例3

    事例3

    「経費の月次締めを約3営業日縮めることができました」

    小口現金を使った立替精算の場合、精算書に領収書を糊付けして提出してもらっていました。しかし、営業は外出が多いため、領収書の提出が遅れることもしばしばあり、月次締めが遅れる原因にもなっていました。
    キャッシュレスに切り替えてからは、利用明細データがWeb上で確認できるため、領収書の提出を待つ必要がありませんし、領収書も画像データで従業員から提出されるため、段違いにスピードがはやくなっています。

勘定奉行でキャッシュレスを実現する場合のご利用料金

勘定奉行クラウドi Eシステム1ライセンス 月額あたり5,000円※年間でのご契約となります。年間利用料金60,000円

奉行Edge キャッシュレスクラウド月額あたり6,000円(従業員20名の場合)※年間でのご契約となります。年間利用料金72,000円

  • ※勘定奉行でキャッシュレスを実現するには、勘定奉行クラウドと奉行Edgeキャッシュレスクラウドが必要になります。
  • ※奉行Edgeキャッシュレスクラウドには、Bizプリカ(法人プリペイドカード)、スマホアプリ(領収書画像提出)、
    キャッシュレス運用ガイドが含まれます。
  • ※ご利用料金は、従業員20名の場合となります。従業員21名以上の場合や、勘定奉行のシステム構成、ライセンス数が異なる場合の料金は、お問い合わせください。

でも、キャッシュレスの導入って色々不安・・・

  • 法人カードだと使いすぎや不正利用が心配だな。。

    心配ご無用!
    法人口座から必要金額をチャージするため経費を抑制できるから
    不正利用などの心配もありません。
  • はじめてのキャッシュレス化なので、運用方法やルールを
    どう決めればいいかわからない。

    心配ご無用!
    プロフェッショナルな税理士が監修したガイドで誰でも迷わず導入できます。
  • 結局精算書がないと仕訳が切れないんじゃない?

    心配ご無用!
    領収書も精算情報も、スマホアプリでかんたん提出!仕訳も自動化されます。
  • 使い始めの与信の審査などが大変じゃない?

    心配ご無用!
    プリペイド式のため、与信審査が必要なく手軽に導入できます。
    また、Mastercard®ブランドのため国内・海外問わず様々なシーンで利用できます。
だから・・・どんな企業でもすぐに、安心して、キャッシュレスを実現できるのか!

勘定奉行クラウドが可能にした

“すぐに・かんたん・手軽に”できる勘定奉行でキャッシュレス

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は
下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。

〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00 (⼟・⽇・祝⽇を除く)

社内検討に使える!
資料ダウンロード

小口現金・立替精算にかかる
面倒な業務
無くしませんか?

勘定奉行クラウドで
キャッシュレス!

まずは資料をダウンロードする

その業務、毎月
20時間
もの時間がかかっています。
従業員50名企業の小口現金を使った立替精算業務の場合

  • 仕訳の手入力
  • 精算書/領収書作成
  • 金庫から現金の取り出し
  • 現金残高と帳薄残高チェック

でも勘定奉行クラウドを導入すれば・・

たった5分に圧縮できます!

※従業員50名の立替精算を小口現金から
キャッシュレスに変えた場合の削減効果(OBC調べ)

1

経費支払いはキャッシュレスで
従業員の立替精算が不要に!

2

領収書はスマホで撮影して提出!

3

面倒な仕分け入力が不要!

4

面倒な小口現金管理も不要!

でも
キャッシュレスの導入って色々不安・・・

ご安心ください!

専門家のガイド付きですぐ・簡単・手軽に導入できる!

だから、どんな企業でも
すぐに! 安心して キャッシュレスを実現!

しかも、安い!

勘定奉行クラウドi Eシステム1ライセンス

月額5,000円〜

※勘定奉行でキャッシュレスを実現するには、奉行Edgeキャッシュレスクラウドと勘定奉行クラウドが必要になります。
※奉行Edgeキャッシュレスクラウドには、Bizプリカ(プリペイドカード等)、スマホアプリ(領収書画像提出)、キャッシュレス運用ガイドが含まれます。
※ご利用料金は、従業員20名の場合となります。従業員21名以上の場合や、勘定奉行のシステム構成、ライセンス数が異なる場合の料金は、お問い合わせください。

詳細資料を
今すぐダウンロード

お問い合わせ

製品デモのお申し込みや導入のご相談・カタログ請求は
下記の専⽤フォームまたはお電話にてお問い合わせください。

〈導入のご相談専用フリーダイヤル〉

0120-121-250

10:00~12:00∕13:00~17:00 (⼟・⽇・祝⽇を除く)